日焼け止めの選び方

*肌が敏感な方は、低刺激性で出来るだけ配合成分が少なく、紫外線吸収剤無配合のノンケミカルタイプを使用しましょう。
ただし肌状態によっては異なりますので皮膚科医に相談するようにしましょう。

〜疾患別のUVケア〜
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎の方の肌は敏感になっており、容易に皮膚炎を生じてしまいます。紫外線の影響も受けやすくなっているため、紫外線が刺激となって、さらに皮膚炎を悪化させる原因となる事があります。

(光線過敏症)
光線過敏症は、普段では皮膚に変化を起こさない量の紫外線によって疾患を誘発したり、症状を憎悪させる事があります。光線過敏症の方は、低刺激性でUV -A・UV -Bをカットする効果が高い日焼け止めが効果的です。

(日焼け止めにかぶれやすいかた)
肌が弱く、かぶれやすい方は、日焼け止めをいきなり顔や体につけるのではなく、腕の内側などに少量つけて、赤みや痒みなどがないか確認するようにしましょう。

LINEで送る


 


コメント


認証コード3365

コメントは管理者の承認後に表示されます。